第7回 “子どもの心のコーチング”という本の~ひび割れた壷~の話

『インド人の水汲み人は、2つの壷をもっていました。天秤棒の端にそれぞれ壷をさげて、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、彼は水を運びます。その一つにはひび割れがあり、小川からご主人様の家まで運ぶと水は半分になっていました。 もう一方の完璧な壷は、いつも1滴もこぼさない自分を誇りに思っていました。なぜなら、目的をいつも達成できていたから!
・・・完璧な壷の半分しか運べないひび割れた壷は、自分を恥じ、ある日、水汲み人に謝りました。
『この2年間、私のこの壷のひびのせいで、ご主人様の家まで水を半分しか運べなくてすまない。あなたがどんなに努力しても、その努力が報われることはない。私はそれがつらいのだ・・・』と。
すると、水汲み人は、『道端の花に気づいたかい?僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。この2年間、僕は、ご主人様の食卓に花を欠かしたことはない。君があるがままの君じゃなかったら、 ご主人様は この美しさで家を飾ることはできなかったんだよ。』 

誰でもユニークなひびを持っています。子どものひびのために花の種をまくことが、親の仕事です。
子どもたちは、どんな花を咲かせてくれるでしょう?そして・・・私たち親は、どんな花をさかせるでしょう?

こんな親でありたいですね~~~~~~
ぜひ、良いお部屋環境良い風水、そして子を想う親の大きな愛と豊かな心をそろえてあげてください。
きっと、すこやかで、ポジティブ、自分の能力を発揮できる、
~ステキな花を咲かせてくれる~お子さんに育ってくれることでしょう!!!

村上 ゆうこ

プロフィール
村上ゆうこ / DESIGN風水

三越・西武・LOFTなどデパートを中心に商業施設でのディスプレイ畑を15年間。 ニューヨーク(NY)仕込みのデザイン&ディスプレイセンスを活かし、 インテリアデザイナーの夫とともにパルスデザインを設立(1997)。店舗・ホテルなどの設計デザインを始める。 北海道で唯一のVMD研修・指導者・空間デザイナー・インテリアデコレーターとして、セミナー講演や専門学校講師なども勤める。現在「DESIGN風水」を取り入れた住宅・マンションなどの住空間の新築・リフォーム事業もスタート。

イントロダクション
15年間に渡り、デパートや商業施設のディスプレイを経験。その後、ニューヨークでの経験を活かし、インテリアザイナーの夫と共に、店舗やホテルの設計デザインを手がけてきました。8年前から風水の勉強を始め、現在、空間デザインと融合したオリジナルの風水の提案をしています。このコラムでは、風水の基本的なイロハから、ご家庭でも気軽に取り入れられる方法の紹介、また、メルマガ会員さんからのお悩みに答えるQ&Aなどの企画もやっていきたいと思っています。私も皆さんと同じように、子供を持つママですので、生活に密着した情報を発信していけるよう、頑張っていきますね!

バックナンバーはこちら