第34回 茶色徹底解剖!


暮らしの中の様々な場面で使われる茶色。茶色にも、いろいろな種類があります。大きく分けて、2種類。もう少し細かく分けると、3種類です。第19回『茶色を極める!』でもお伝えしましたが、インテリアだけでなく、ヘアカラーやメイクでも触れることが多いのが、ブラウン系のバリエーションです。今日は、茶色のお話を、さらに掘り下げてお届けしたいと思います。

茶色の種類

茶色は、大きく分けると『赤みを帯びた茶色』と『黄みを帯びた茶色』の2種類になります。
この『黄みを帯びた茶色』は『イエロー系』と『オレンジ系』の2種類がありますので、
『赤みを帯びた茶色』を『レッド系』と呼ぶこととし、3種類に分類しています。


図は、それぞれの代表的な色を、明るさのグラデーションをつけて表示したものです。
イエロー系は、明るく、ヘルシーな印象。カジュアルな空間に似合います。
オレンジ系は、明るい華やかさがあり、存在感があります。
レッド系は、落ち着いた印象で、上品な華やかさがあります。

相性のよいカラー

それぞれの系統に、相性のいいカラーがあります。


イエロー系の場合は、明るく、鮮やかで、元気な色みです。
赤でしたらポピーレッド、青でしたらティファニーブルー、
といったキレイ色をよく引き立てあってくれます。


オレンジ系にあうのは、こっくりと深い、オトナ色です。
赤でしたら臙脂、青でしたらターコイズブルーのような、
落ち着いた華やかさのある色と相性がよいです。


レッド系は、淡い色やスモーキーな色と相性がよいです。
赤でしたらローズレッド、青でしたらラベンダーブルー。
上品な色合いがよく馴染みます。

相性のよくないカラー

実は、相性のいいカラーだけでなく、相性の悪いカラーも存在します。
イエロー・オレンジ系は「ピンク」が苦手です。
オレンジみのある『コーラルピンク』『サーモンピンク』でしたら大丈夫です。
これはヘアカラーがイエロー・オレンジ系の方のメイクにも通じる要素です。
チークやルージュは、オレンジよりの色がオススメです。
レッド系は「オレンジ」「イエロー」が苦手です。
黄色は、レモン色のような、やや黄緑よりの色を淡くしたものがよいでしょう。
ヘアカラーについても同じで、チークやルージュはローズ系が得意です。
ただし、紫に寄せすぎると、昭和感が出てしまうので要注意です。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お宅の床、家具の色はどの系統ですか? 髪の色、目の色は? 
暮らしの中で、茶系のバリエーションの見極めは、大事です。
茶色の種類を覚えると、インテリア、ファブリックから、ヘアメイクに至るまで、
バランスのよい配色ができあがります。
是非、身近な「茶色」を分類してみてください!

アズマ レイコ

プロフィール
アズマ レイコ / カラーコーディネーター

2003年に函館でカラーサロンをオープン。パーソナルカラー・パーソナルスタイル診断の他、色彩心理のセミナー、講座を開講。結婚後の転勤で、2007年から札幌での活動を始める。『HappyColorLife』主催。AFT1級カラーコーディネーター。2児の母。

イントロダクション
色彩の知識を、楽しく!わかりやすく!使える形で!お伝えすることをモットーにカラーコーディネーターとして活動しています。色彩は生活に密着した、生活を彩る要素です。このコラムでは、生活に役立つ色彩のマメ知識をお届けできればと思っています。楽しく賢く色彩のパワーを利用してみましょう!

バックナンバーはこちら