第24回 華やか!赤の微発泡ワイン

ワインには、赤、白、ロゼ、シャンパンに代表されるスパークリング(発泡)という種類があるのをご存知の方は多いと思いますが、実は「赤で、発泡している」ちょっと珍しいタイプもあるのです。今回は、日常用から華やかなテーブルにも対応できるお勧めの一本をご紹介したいと思います。

<Lambrusco ランブルスコ>

20140326_01

MEDICI ERMETE  QUERCIOLI REGGIANO LAMBRUSCO SECCO
(メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ)

イタリアの中部、エミーリア・ロマーニャ州の天然微発泡ワイン。エミーリア・ロマーニャといえば、生ハムやパルミジャーノ・レジャーノ、サラミ等で有名な都市、パルマがあるところです。
Lambrusco=ランブルスコというのは、その地域で古代から栽培されているぶどう品種の名前で、グルメの里、パルマの食卓を彩る地酒として長年親しまれてきました。口当たりが良く、微発泡のためとても爽やか。お値段も1000円前後~と気軽に試すことができ、嬉しい限りです。少し冷やしていただくと、爽快感が増してお勧めです。

<よく合うお料理は?>

地域の特産品である生ハムやパルミジャーノ・レジャーノ(ハードタイプのチーズ)、サラミはもちろんのこと、ミートソースのパスタ、他にも焼肉や焼き鳥等、和食にも合い、広範囲な料理と一緒に楽しめます。

<ちょっとしたおもてなしに>

20140326_02

簡単に作れて子供も大好きなミートローフと合わせてみました。ミートローフはハンバーグのタネに、ミックスベジタブル(個人的には北海道産ミックスベジタブルを愛用中)と小さく切った種なし黒オリーブを混ぜてパウンド型に入れ、180℃のオーブンで30分焼くだけです。
ワインコラム第17回でご紹介した、ポルペティーネと同様、トマトケチャップと赤ワイン1:1のソースをかけます。サラダやチーズを添えれば、家族のちょっとしたお祝いや、おもてなしにも適したご馳走となります。インパクトのある真っ赤な発泡ワインと一緒に、楽しく、美味しくいただきましょう!

松本 裕子

プロフィール
松本 裕子 / ソムリエ、食育インストラクター

国内大手航空会社にて国際線客室乗務員として約10年サービスにあたる。(社)ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得。東京の田中伶子クッキングスクールで学び、全国料理学校協会教員資格、及びNPO食育インストラクター資格を取得。海外ステイやオフを利用し、各国のお料理教室(フィレンツェ、バンコク、ホーチミン)やお花、お菓子教室(パリ)に参加。2010年より札幌在住。双子の母。

イントロダクション
ワインは、相性の良い料理と組み合わせることによって、そのどちらも美味しくする相乗作用があるだけでなく、脚の長いグラスに注がれた佇まいが美しく、女性にとても似合うお酒です。小さなお子様をお持ちの方でも、気軽にワインを食卓に取り入れていただける様に「食材やワインは身近なお店で手に入るもの」とし、簡単に「おうちワイン」を楽しむ参考になればと思います。

バックナンバーはこちら