第14回 サングリア

北海道にもいよいよ本格的な夏がやってきました。これからの暑い季節にピッタリな、赤ワインとフルーツたっぷりの、サングリアをご紹介します。

サングリアの故郷である、スペイン・アンダルシア地方の夏は、かなり暑くなるとか。そのような土地で代々親しまれてきただけあって、見た目も飲み心地も清涼感にあふれています。

1,000円以下の安価なワインでも十分美味しく仕上がる上、簡単に作れて見た目が華やかなので、ホームパーティはもちろん、キャンプやバーベキュー等のアウトドアでも喜ばれそうです。お子様や車を運転する方がいらっしゃる場合は、使用するワインをノンアルコールのものにすれば、おしゃれなノンアルコールカクテルになりますよ!

<材料>

  • 赤ワイン(今回はスペイン産のものを使用)/1本
  • カットフルーツ/1パック
  • はちみつ/大さじ2~お好みで(お酒が苦手な方は甘めの方が飲みやすい)
  • シナモンスティック/2本

<作り方>

  1. フルーツはそれぞれ食べやすい大きさにカットする。
  2. 容器(麦茶などを入れるガラス瓶、もしくは梅酒の容器等)にはちみつを入れ、容器の半分くらいまでワインを入れてよくまぜる。
  3. フルーツ、残りのワイン、シナモンスティックを入れる。味見をして甘味が足りないようだったら、はちみつを足す。
  4. 2時間~1日冷蔵庫で漬け込んだら、出来上がり。

※オレンジジュースやグレープフルーツジュースで割ると、フルーティーさがアップし、かなりアルコールが薄まるので、お酒の弱い方にも飲みやすいです。

※冷蔵庫や氷で冷やすと美味しさが引き立ちます。

パーティーの際はフルーツポンチ風に大きな深めのボウルに入れ、お玉でサーブすると豪華に見えます。手土産やちょっとしたお礼に使うときは、500ml~1lくらいの保存瓶に入れ、容器ごとプレゼントしても良いですね。

それでは、良い夏休みをお過ごし下さい!

松本 裕子

プロフィール
松本 裕子 / ソムリエ、食育インストラクター

国内大手航空会社にて国際線客室乗務員として約10年サービスにあたる。(社)ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得。東京の田中伶子クッキングスクールで学び、全国料理学校協会教員資格、及びNPO食育インストラクター資格を取得。海外ステイやオフを利用し、各国のお料理教室(フィレンツェ、バンコク、ホーチミン)やお花、お菓子教室(パリ)に参加。2010年より札幌在住。双子の母。

イントロダクション
ワインは、相性の良い料理と組み合わせることによって、そのどちらも美味しくする相乗作用があるだけでなく、脚の長いグラスに注がれた佇まいが美しく、女性にとても似合うお酒です。小さなお子様をお持ちの方でも、気軽にワインを食卓に取り入れていただける様に「食材やワインは身近なお店で手に入るもの」とし、簡単に「おうちワイン」を楽しむ参考になればと思います。

バックナンバーはこちら