第5回 ママ同士のティータイムに

同じくらいの歳のお子さんを持つママ友と、情報交換を兼ねておしゃべりするのはとても楽しいひとときです。おうちを会場にすれば、時間や周囲に気兼ねすることなく、ゆったりと過ごせますし、一品ずつ持ち寄って集まるのも良いですね。

そんな仲良しママとのティータイム、コーヒーや紅茶だけでなく、たまにはワインをお供にしてはいかがでしょう?スウィーツと合わせる場合はやや甘めのワイン、あるいはシャンパンなどのスパークリング系がお勧めです。

例えばこちらの2本。美しいピンク色で見た目もかわいい、ロゼのワインとスパークリングです。
値段はどちらも2,000円以下と、コストパフォーマンスにも優れています。

ワイン例1

オレンジピンク ロゼ 2010
北海道 宝水ワイナリー

コラム第4回の、「ワイナリー訪問」でこのワインを試飲した際、「女子会にピッタリ!」と感じ、現地で購入して来ました。味わいコメントはこちらをご覧ください。


ワイン例2

BOTTEGA ROSE BRUT (ボッテガ ロゼ スプマンテ)
イタリア ヴェネト州

「泡が好み」という方にはこちらを。フランボワーズのようなフルーティーな香りとベリー系の豊かな果実味が感じられ、デザートによく合います。


デザート

スコーン、焼き菓子、フルーツ、手作りのクレメ・ダンジュ(フランス・アンジュ地方のチーズのデザート)をにぎやかに盛り付けました。


クレメ・ダンジュ レシピ

<材料(4人分)>

  • クリームチーズ/200g
  • 生クリーム/100cc
  • 卵白/1ヶ分
  • 粉砂糖/50g
  • ゼラチン/5g
  • ケーキに添えるフルーツもしくはベリーソース等/適量

<作り方>

  1. クリームチーズを柔らかく練っておく。
  2. 生クリームはホイップしておく。
  3. 卵白に粉砂糖を加えて、湯煎でメレンゲにする。
  4. ゼラチンは湯煎で溶かしておく。
  5. 生クリームに4のゼラチンを混ぜて、クリームチーズ、メレンゲを加える。
  6. 容器にガーゼを敷いて5をつめて、冷蔵庫で冷やす。
  7. 好みのフルーツやベリーソースを添える。

焼き菓子類に使用した三段トレーは、以前は英国流のクラシックな形式で用いられていることが多かったようですが、最近はトレー自体がモダンな形にスタイルアップして、インテリアショップなどでもよく見かけるようになりました。
ところで、正式な英国式アフタヌーンティーの約束事をご存知ですか?3枚のお皿にはそれぞれサンドイッチ、スコーン、焼き菓子等のスイーツが載り、食べる順序まで細かく決められています。(上記の順)。

自宅のティータイムでは堅苦しいことは気にせず、どうぞお好きなものをご自由に、お楽しみください。

松本 裕子

プロフィール
松本 裕子 / ソムリエ、食育インストラクター

国内大手航空会社にて国際線客室乗務員として約10年サービスにあたる。(社)ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得。東京の田中伶子クッキングスクールで学び、全国料理学校協会教員資格、及びNPO食育インストラクター資格を取得。海外ステイやオフを利用し、各国のお料理教室(フィレンツェ、バンコク、ホーチミン)やお花、お菓子教室(パリ)に参加。2010年より札幌在住。双子の母。

イントロダクション
ワインは、相性の良い料理と組み合わせることによって、そのどちらも美味しくする相乗作用があるだけでなく、脚の長いグラスに注がれた佇まいが美しく、女性にとても似合うお酒です。小さなお子様をお持ちの方でも、気軽にワインを食卓に取り入れていただける様に「食材やワインは身近なお店で手に入るもの」とし、簡単に「おうちワイン」を楽しむ参考になればと思います。

バックナンバーはこちら